インプラントについて

インプラントとは、失われた歯の場所に、歯根の代わりになるチタン製の人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法です。 インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも見た目的にも、天然の歯にもっとも近い治療法です。

インプラントのメリットは

自分の歯と同じ感覚で食べられる
インプラントは顎の骨にしっかりと固定されるので、硬い食べ物なども自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。

自分の歯と見分けがつきにくい
入れ歯のように、歯を固定する金具が見えることはありません。見た目が自然で、お口の中が気になりません。

周りの歯を傷つけない
入れ歯やブリッジでは、周りの歯を使って人工歯を固定させるため、負担がかかってしまいます。
インプラントは周りの歯を傷つけずに治療できます。

顎の骨がやせない
失った歯をそのままにしておくと、顎の骨が次第に痩せていってしまいます。 インプラントを埋入することで、噛む力を顎の骨に伝え、骨が痩せるのを防いでくれます。

インプラントの治療はどのようにするの?

1.カウンセリング
患者様の歯の悩みや症状などをヒアリングします。

2.診断・治療計画の立案
レントゲン撮影や歯型の採取などでお口の中の状態を確認し、歯並びや顎の関節の状態を診察します。
診断結果に基づいて治療計画を立て、ご説明致します。

3.インプラント手術
歯が抜けた箇所へ歯根となる部分(インプラント)を埋入します。
埋入後、インプラントが顎の骨に固定されるまで待ちます。

4.人工歯の取り付け
インプラントが固定されたことを確認できたら、その上から人工の歯をかぶせます。

5.治療の完了後もインプラントをいつまでも安全に使用して頂くために、しっかりとアフターケアを行いながら、
定期的に検診を受けるようにしてください。


*院内に詳しく説明した小冊子を置いてあります。
ご自由にお持ちかえり下さい。
ご説明も致します。お気軽にお尋ねください。